無料動画:ソロモンの偽証【後編・裁判】ネタバレ無し感想

   2015/09/02

ソロモンの偽証【前編・事件】を鑑賞してから1日を空けた今日。【後編・裁判】を観にネットカフェへ。前編は121分。後編は146分と長時間の映画視聴となる。何だかんだで結構楽しみ。

「えぇぇぇ~!」ここで終わり?。

そんな前編のラストシーンから一変、後編は前編と同様に静かに始まる。続きものではありがちな前編の回想シーンも無い。前編を見ていない観客者は置いてけぼり。でも、そんなバッサリ感も心地良い。悪いことは言いません。前編を見てから後編を見てください。

スポンサーリンク

【後編・裁判】は146分

ボクは面白くない映画は始まって30分くらいで眠ってしまう悪い癖がある。何で146分間もの間、ソロモンの偽証を見られたのだろう。主人公が可愛かったから?。イケメンが出てたから?。残念ながらその要素は無い。大人を演じる役者は超有名人揃いだが、中学生役は無名に近い役者ばかり。だからこそ、すんなりと感情移入が出来たのかも知れない。

【後編・裁判】感想

前編で散りばめれた事件の真相への伏線が徐々に繋がり、さらなる伏線が前半に敷かれる構成。裁判も準備をする中学生たちの真っ直ぐさとそれを受け止めようとする大人たちの姿勢にも好感が持てた。

劇中中盤から裁判に出廷した人物たちの証言により導き出された真実と隠された真実が交錯する中、新たな展開へと話が発展するため最後まで見る者を飽きさせない脚本構成と俳優陣の演技力はお見事だった。

もう遅いが、映画館で見るのなら子供と一緒に見に行きたい映画。お父さんもお母さんもキミの事を思って生きているんだよ。何も言わなくてもそれと無く伝わりそうな気がした。子供に対する親の本心って、口に出してしまうと嘘っぽく取られそうで怖いんですよね。

中学生の自然な演技と大人の安定した演技

主演の藤野涼子さん(役名と同姓同名)の演技には光るものがあったが、脇を固める面々の演技は更に強烈。特に判事役のガリ勉くん(西村成忠)と、前編で自動車事故で亡くなった松子ちゃん役(富田望生)の自然過ぎる演技は大きな将来性を感じた。芸能事務所の大人たちには上手に育ててあげて欲しい逸材だと思いました。

一方、大人役の俳優人は鉄壁の守りで子供たちを完全バックアップ。特に松子のお母さん役を演じた池谷のぶえさんの演技は大好き。テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」で盗賊のお母さん役で見て以来ずっと気になっていた女優さん。その自然すぎる演技が最大の魅力なのです。

忘れちゃならないのが永作博美さん。彼女ボクにとっては何をやっても許される女優さんなので別格。他にも大御所津川雅彦さんが後編では最大のキーマンとして登場。相変わらずの演技力。どんな役を演じさせてもこのおじいちゃんからは目が離せませんなぁ。他に、

  • 佐々木蔵之介
  • 夏川結衣
  • 小日向文世
  • 黒木華
  • 尾野真千子

など、主役級俳優陣で脇を固めたのも映画の魅力を何十倍にもアップさせた要因。これだけでも見る価値十分なのです。

そんなこんなで映画ソロモンの偽証。ネットカフェからも視聴可能なので、お暇でしたら是非ご覧ください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket