ほっともっと「今治焼豚玉子飯」を想像するだけでも涎が出る件

   2015/11/03

最近のテレビを見ていると、ほっともっとの今治焼豚玉子飯が気になってしょうがない。この今治焼豚玉子飯は地域限定ご当地弁当シリーズの

  • 岡山県
  • 広島県
  • 四国

この地域限定弁当。

ほっともっと ご当地弁当2015
画像はほっともっとのプリントスクリーン画像

全国を9つのエリアに区切っての限定販売メニューだ。詳しく全てのメニューをご紹介すると、

  1. 北海道限定『十勝豚丼』
  2. 東北限定『十和田バラ焼き重』
  3. 関東限定『関東醤油仕立て 焼とん重』
  4. 甲信越・北陸限定『駒ケ根 ソースかつ丼』
  5. 愛知・岐阜・三重・静岡限定『ほっともっと風 名古屋めし』
  6. 関西・徳島限定『牛すじ重』
  7. 岡山・広島・四国限定『今治 焼豚玉子飯』
  8. 九州・山口限定『九州醤油仕立て ビーフ弁当』
  9. 沖縄限定『麩ちゃんぷるー弁当』

この9種に分類される。どれもこれも魅力的な弁当だが全てを食べる事は出来ない。ボクの地方で限定販売されるご当地メニューは、『今治 焼豚玉子飯』。心の中で小さくガッツポーズ。というのも今治の焼豚玉子飯は過去に何度もグルメ番組で紹介されており、テレビで見る度に死ぬ前に一度は食べてみたい料理だった。ボクにとっては大当たり弁当そのものだった。

今治 焼豚玉子飯のルーツは古く、約40年前に今治市の中華料理店のまかない飯として食べられていたのが、後に常連さんたちへの裏メニューとなった。みなさんご存知のとおり、B1グランプリでの入賞以来、秘密のケンミン showを始め様々なメディアに取り上げられ、全国にその名を轟かす事になる。それだけに、食べたい、食べてみたいという願望は大きかったが、愛媛県へ行って食べる時間の余裕も無く、

「機会があれば・・・。」

そう思っていた。そんな憧れだった今治焼豚玉子飯が、ほっともっとの弁当で食べられるというテレビCMを見た時、正直なところ心底萌えた。萌えぇ~!!!だった。長年のボクの小さな夢が500円で叶うのだからお安いものだ。

スポンサーリンク

今治焼豚玉子飯を喰ってやる!

香港の俳優兼監督であるチャウ・シンチー。少林サッカーの主役の人、もしくは、西遊記~はじまりのはじまり~の監督と言った方がピンと来られるかも知れない。そんな彼の古い映画の中に「食神」という作品がある。ぶっちゃけ、

料理の鉄人+コメディー映画

だが、初見から長年経った今でもボクのオススメ映画の中のひとつ。この映画で最後に出された料理が「鎮魂丼」。ご飯の上に野菜炒めを乗せ、更に目玉焼きを乗せた非常にシンプルなどんぶりである。これまでに20回以上は見たが、鎮魂丼が出る度に今治焼豚玉子飯が頭を過っていた。う~ん、やっぱり喰わねば!なのです。


食神 [DVD]

今治焼豚玉子飯はご飯の上に、焼き豚と目玉焼きが乗ったシンプルなどんぶり。ビジュアルは鎮魂丼とよく似ている。どとらのどんぶりにも言える事だが、この組み合わせは、どう考えても美味く無いわけが無い。逆に、これを不味く作る事が不可能にも感じる。

ほんぶりの頂点で腰を据える半熟卵をお箸で割ると、その中からトロリと流れ出た黄身。これを、焼豚とご飯に絡めていただく。そう考えただけでも涎もの。お代わりが必要になるかも知れない。そんな、妄想だけがボクの中で膨らみ続けている。

何はともあれ近いうちに、このお弁当を買って食べるのが当面のボクの楽しみ。今、記事を書きながらも、

今週ほっともっとへ行こうか?。

いや早まるなっ!来週にしようか?。

そんな事を考えている。もう大人なのだから、車のエンジンを掛けてひとっ走りで直ぐにでも買ってくればいいのに。でも、この楽しみを少しでも長く味わいたい。そんな、気持ちが強くほっともっと行きを温存してる。願わくば、期待が大きすぎてブログ記事に出来なくならないように祈るだけだ。

買って、食べて、満足したら、記事にしようと思います。

2015年11月3日追記

2015年版!ほっともっと「すきやき丼 今だけ牛肉2人前!」を食べてみた

という記事の中で今治焼豚玉子飯の試食について軽く触れています。残念ながら写真撮影用カメラを忘れてしまい写真が撮影出来なかったので単独記事に出来ませんでした。なので、すきやき丼の記事と合わせてご紹介しています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket